So-net無料ブログ作成

フルーツ・テイスティング会 [others]

珍しいフルーツのテイスティングに参加しました。日頃からテイスティング・コメントに出てくるフルーツの味わいって・・・知らんやん!?ということで、実際食べてみよう!ってコンセプトです。

ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリー、チェリー、カシス、発酵バター(無塩、有塩)を試してみました。
まず改めて実感したのは果実そのものの味わいは想像以上に繊細で酸味がしっかりしてる!
ワインの味わいに近づけるにはジャムとかリキュールにしないと無理かも。フレッシュなベリーの味わいなんてのは(よく聞くし自分でも言ってたけど)よっぽどじゃないと無理だなーと思いました。

ブッラクベリーが酸味が控えめでしたね。細かい種に苦味があって、この辺がタンニンを含む赤ワインを彷彿とさせるなと感じました。

あと、今回初めて知りましたが味わいの表現で出てくるバターは一般的に発酵バターのことを指しているそうです。発酵バターという存在さえ知りませんでした。味わいはクリーミーで酸味があってクリームチーズとバターを足して2で割った感じでしょうか。とっても美味でした。マロ発酵に由来する乳酸っぽさと似ているなあ、と思いました。

ワインはなんだかんだ結構飲みましたねー。散々写真を撮ったつもりなのに、こんな画質の悪いのしか残ってませんでした(;´▽`lllA``

この後ミクシイで知り合った方の目黒のワインバー、aizbarに皆で押しかけ、飲みっぱなしの一日でした♪


マイブーム!? [others]


最近気になるモノ、それはルーサンヌ!
何だか手前味噌的な感じで申し訳ないんだけど、
実はボーカステル・ブランが大好きなんです、ワタクシ。
あれはルーサンヌ80%、グルナッシュ・ブラン20%なんですけど、どうもルーサンヌが好きみたいです。
ボーカステルの苗木を持ち込んで造ったカリフォルニア版ボーカステル、「タブラス・クリーク」のルーサンヌ100%飲んでるんですが、旨い!
この、熟したオレンジ、ハチミツ、黄色いお花とかちょっとまったりしたカンジがとても好き。
これはラベル不良のヤツなんで、ツルツルでお顔がありませんが、フロント・ラベルはなかなかお洒落です。
ボーカステルのヴィエイユ・ヴィーニュ・ルーサンヌ飲みたいっす!








世界最大級のピノ・イベント! [others]

引越し後初めての記事なので、このブログを見て下さった方にとっても耳よりな情報をお伝えします♪

5月19日に世界最大級のピノ・ノワールのイベントが開催されます!
なんとグランド・テイスティングでは世界中から選りすぐりの100種類のピノが飲めます♪
さらには下記の5大生産者が来日し、それぞれの観点からピノを語りつくします。
ピノ好きの人は是非参加する価値ありです!

・デイヴィッド・グレイヴス (Saintsbury,California)
・ティボー・リジェ-ベレール (Domaine Thibault Liger-Belair,France)
・ヴェロニク・ドルーアン (Joseph Drouhin&Drouhin Oregon,France)
・ダニエル・シュスター (Daniel Schuster,NZ)
・ビル・パネル (Picardy Winery,Aussi)

来月に有名ワイン雑誌等で案内が掲載される予定で、まだ一部の人しか知らないハズ。うふふ♪
私もお客として存分に楽しみたいトコロですが、出展側なので目の前のワインが減っていくのを見届けるだけという悲しい立場 (>_<)
ちなみに申し込みは3月10日より下記ホームページからのみ受付です。確か3月より開設されるハズなので詳細はそちらでチェケして下さ~い。 お酒屋さんとかインポーターさんも一緒に申し込むので、すぐに定員になると思われますぞ!

Pinot Noir Celebration in Japan : www.pncj.jp


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。